スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

6月24日 Brexitショック

2016062401.jpg


6月23日イギリスで行われたEU離脱を問う国民投票はまさかの結果となり世界中に激震が走った。
東京時間24日の午前6時に投票が締め切られた直後、
高い投票率と出口調査での残留優勢が伝わると、ポンド円は160円まで上昇。

直前の世論調査でもかなりの僅差(もしくは離脱優勢)が伝わる場面があったものの、
マーケット参加者のほとんどは土壇場では離脱は回避されるとかなり楽観していた。

しかし地区ごとの結果が発表されるにつれ予想以上の離脱優勢が伝わるとポンドは急落を開始。
一時ロンドン周辺の地区の結果発表で残留が盛り返す場面もあったものの、
お昼ごろにはまさかの離脱の結果となりそうということをマーケットも認知し大きく急落。
リスク回避からドル円も一時100円を割れ
ポンド円は高値160円から133円まで27円もの下落をした。
日経平均も先物に一時サーキットブレーカーが発動し結局1286円安の暴落で、
下げ幅は16年ぶりの大きさとなった。


1日の下げとしてはかなり記録的な暴落となったが、
これはマーケットが離脱勝利のリスクを正しく織り込めなかったことが一因でもあった。
とくに先週末残留派の議員の殺害事件があってからは、世論が残留に傾くはずという認識が広まり、
今週は一貫して残留となる結果を見越したような動きをしていたのでパニック的な売りとなった。


やはり選挙の結果というのはふたを開けるまで分からないものだと肝に銘じなければならない。

このような非常にショッキングな1日となってしまったが、
ここで悲観にのまれパニックにってはいけない。
たしかに中期的にはイギリス経済に対する影響やEUの求心力の低下。
また米国利上げ先送り観測から円高が進行し株安となる展開が想定されるが、
リーマンショックのような金融危機とは異なるということを認識する必要がある。

おそらく今晩のNY市場を通過して週末を超えれば、来週にはパニックは収まり、
今後の展開と影響を見定める流れになるのではないか。
そして離脱プロセスは2年間の交渉期間を通じて行われるため、この国民投票の結果で
明日何かが変わるというわけではないのである。
スポンサーサイト

2016年4月分米国雇用統計

2016050601.jpg
2016050602.jpg

                  結果    (予想)
失業率              5.0%    (4.9%)    
非農業部門雇用者数     +160千人 (+200千人)  3月分-7千人 2月分-12千人
平均時給前月比        +0.3%   (+0.3%)
平均時給前年比        +2.5%   (+2.4%)    
労働参加率           62.8%   (63.0%)


4月分の米国効用統計の結果は、非農業部門雇用者数など予想を若干下回る結果であったため、
発表直後こそドル安に振れたが、
平均時給が予想を上回ったこともあり、方向感の出ない結果であった。

2016年3月分米国雇用統計

2016040101.jpg
2016040102.jpg


                  結果    (予想)
失業率              5.0%    (4.9%)    
非農業部門雇用者数     +215千人 (+205千人)  2月分+3千人 1月分-4千人
平均時給前月比        +0.3%   (+0.2%)
平均時給前年比        +2.3%   (+2.3%)    
労働参加率           63.0%   (62.9%)


4月1日に発表された3月の米国雇用統計はほぼ予想通りながら、
雇用者数、平均時給で予想を若干上回り引き続き米国の雇用情勢が堅調であることが示されたポジティブな内容。
為替ではドル円ではほとんどトレンドは出なかったが、ユーロなどの他の通貨に対しては若干のドル高が進行。

2016年2月分米国雇用統計

2016030401.jpg
2016030402.jpg



                  結果    (予想)
失業率              4.9%    (4.9%)    
非農業部門雇用者数     +242千人 (+195千人)  1月分+21千人 12月分+9千人
平均時給前月比        -0.1%   (+0.2%)
平均時給前年比        +2.2%   (+2.5%)    
労働参加率           62.9%   (62.7%)


3月4日に発表された米国の2月分の雇用統計では、
非農業部門の雇用者数が予想を上回り、かつ前回分も上方修正され、引き続き米国の雇用環境が良好であることが示されたが、
注目されるインフレとの相関が強い平均時給の伸びが予想を下回った。
雇用者数と時給がまちまちの結果ということで為替市場ではドルに方向感は出なかった。

2016年1月分米国雇用統計

2016020501.jpg
2016020502.jpg


                  結果    (予想)
失業率              4.9%    (5.0%)    
非農業部門雇用者数     +151千人 (+190千人)  12月分-30千人 11月分+28千人
平均時給前月比        +0.5%   (+0.3%)
平均時給前年比        +2.5%   (+2.2%)    
労働参加率           62.7%   (62.6%)


1月分の米国雇用統計ではFRBがほぼ完全雇用とみなす5%割れ水準まで失業率が到達。
非農業部門の雇用者数は予想を下回ったものの、
平均時給や労働参加率が予想を上回り強弱まちまち。

為替の反応では非農業部門の雇用者数で初動はドル売りだったが、その後は買い戻される展開。

失業率が完全雇用といえる水準まで下落したので、
今後は労働人口の自然増を吸収できる10万程度の雇用者数の増加があれば、
雇用者数の増加そのもの数値よりも平均時給の伸びのほうが今後のFRBの利上げスタンスに影響する
重要な数値になってくるだろう。

※ただし今回の平均時給の伸びはいくつかの州で最低賃金の引き上げが行われたことの影響があるとの見方も。

2015年12月分米国雇用統計

2016010801.jpg
2016010802.jpg

                  結果    (予想)
失業率              5.0%    (5.0%)    
非農業部門雇用者数     +292千人 (+200千人)  11月分+41千人 10月分+9千人
平均時給前月比        +0.0%   (+0.2%)
平均時給前年比        +2.5%   (+2.7%)    
労働参加率           62.6%   (62.5%)


非農業部門の雇用者数は予想を軽々上回り、前月分も大幅に上方修正。
これを受けて初動こそドル高へジャンプしたが、その後ドルはジリ下げの展開。

平均時給が予想を下回ったということもあろうが、
何よりも現在のリスク回避的な地合いから低金利の円やユーロが買われやすい。

2015年12月FOMC 米国利上げ 

2015121601.jpg
2015121602.jpg


12月16日(日本時間17日午前4時)FOMCはFF金利を0.25%引き上げることを決定した。
リーマンショック以降9年半続いたゼロ金利政策と量的緩和いう異常事態からの脱却を宣言した形だ。


為替市場では利上げはほぼ織り込まれており
発表時はややドル高に動いたもののすぐさま出尽くしの売りが優勢となりドル安方向へ動いた。
しかし4時半からイエレン議長の会見が始まり、そこで米国景気への強い自信を示したことや、
2%の物価目標の達成に関しても強気な見方を示したことからタカ派的発言と見られ再度ドル高への流れとなった。

2015年11月分 米国雇用統

2015120401.jpg
2015120402.jpg

                  結果    (予想)
失業率              5.0%    (5.0%)    
非農業部門雇用者数     +211千人 (+200千人)  10月分+27千人 9月分+16千人
平均時給前月比        +0.2%   (+0.2%)
平均時給前年比        +2.3%   (+2.3%)    
労働参加率           62.5%   (62.4%)



11月米国雇用統計はほぼコンセンサス通りの内容となった。
強すぎず弱すぎずとういう内容は12月利上げとその後の穏やかな利上げを支持する内容で、
昨晩のECB理事会からの荒れた相場の中では非常に良い内容だったいえる。

2015年10月分 米国雇用統計

2015110601.jpg
2015110602.jpg


                  結果    (予想)
失業率              5.0%    (5.0%)    
非農業部門雇用者数     +271千人 (+185千人)  9月分-5千人 8月分+17千人
平均時給前月比        +0.4%   (+0.2%)
平均時給前年比        +2.5%   (+2.3%)    
労働参加率           62.4%   (62.4%)



10月の米国雇用統計はコンセンサスを大幅に上回る良好な結果となった。
12月利上げを正当化する内容で、ドルは素直に上昇。
株式市場も利上げが近づく結果にも関わらず堅調でドル円はその後も押し目を作ることはなかった。
12月のFOMCまであと1回の雇用統計があるが、12月利上げがメインシナリオに。

2015年9月分 米国雇用統計

2015100301.jpg
2015100302.jpg



                  結果    (予想)
失業率              5.1%    (5.1%)    
非農業部門雇用者数      +142千人 (+201千人)  8月分-37千人 7月分-22千人
平均時給前月比         +0.0%   (+0.2%)
平均時給前年比         +2.2%   (+2.4%)    
労働参加率           62.4%   (62.6%)



9月の米国雇用統計の結果は非農業部門雇用者数、
時給、過去分の改定値とすべての点で落胆すべき内容。
為替の動きは素直に初動からドル安。
NY市場開始の22時半までドル安傾向が継続した。
(NY市場開始後は利上げ先送りを見越して株が反発し、ドル円は戻している)
FC2カウンター
プロフィール

Author:TAKEO
当ホームページのいかなる内容も、将来の運用成果や将来の市場環境の変動等を示唆あるいは保証するものではありません。
またいかなる有価証券等の売買、勧誘、または特定銘柄の推奨等を意図するものではありません。いかなる投資の勧誘や推奨を行うものではありません。
当サイトの情報の利用や投資は自己責任において行ってください。

メールフォーム
問い合わせ先

名前:
メール:
件名:
本文:

つぶやき
TAKEのつぶやき
カテゴリ
月別アーカイブ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
リンク
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。